あらびあのあらさがしブログ

コスパよく、ラクに生きるための記録

【流行の曲】若者なのにナウい音楽が分からない人のための現代カラオケ入門

【流行の曲】若者のくせに流行が分からない人のための現代カラオケ入門

 令和になって流行も移り変わりつつあります。

タピオカ、TikTok、AMSRなど、ぼくは全くついていけていません。

 

それは音楽でも同じで、同世代の流行にすらついていけず、カラオケで困ることってありませんか?

自分は死ぬほど選曲などに苦しんでいました。

なので今回は、同じような方がいると信じて、記事を書き進めていきたいと思います。

 

以前の声が低い男子向けのカラオケ記事はこちらからどうぞ。

【社会人向け】ガチで声が低くてカラオケで歌う曲がない男性のためのオススメ曲14選(※高い声不要&裏技アリ)

 

同世代の流行の音楽について行けない人が取るべき対策

いくつかアーティストを絞って、覚えて、工夫して歌う。これだけです。

ここから候補を選びましょう

下記、流行の歌手一覧です。

まずは男女それぞれ1組ずつをピックアップしてみてください。

流行の男性アーティスト

流行の女性アーティスト

以上です。 主観入りまくりのため、もしかしたら流行じゃない可能性があるかも...

ここから1組ずつチョイスしてくださいね。

気になっている人や、聴いてみて少しでも「いいな」と思えた人を選ぶとグッドです。

アルバムを作業用BIMで聴き流す

男女1組ずつ曲を覚えるアーティストを選んでもらったと思います。

今度はアルバムを1つずつダウンロードしてみましょう。

 

そんで移動時間に聴いたり、作業用BGMとして使ってみましょう。

曲が流れている時、何も考えていなくても、無意識のうちにふと「この曲めちゃええやん」と思う瞬間があったりします。

 

こうなればもうこっちのもの。

数日後は若者より詳しくなっているかもしれません。 アルバムは無理して全て聴かずに、気になる別のものにシフトしても大丈夫です。

あとは歌うだけです

アルバムを聴いてるうちに2~3曲はフルで歌えるようになってくるもんです。

8割くらい覚えたら、実際にカラオケで歌ってみましょう。

 

Cメロが分からなくなったりド忘れしたりするかもしれませんが問題なし。

そういったときは一緒に歌ってもらいましょう。

ハモるのもいいですし、交代に歌うのもアリ。

 

会社の同期や異性と距離を縮めるのに最適です。

その後にオススメの曲を教えあったりしたら、次回は一緒に歌えますよね。

ぼくはいつも低音男子の味方です

とはいっても最近の曲は男性アーティストでもめっちゃキーが高いし、女性曲なんてそれどころじゃない。

我々、高音が出ない身としてはどうするべきなのでしょうか?

男性曲のキーを下げるのは邪道

キーがいくら高いとはいっても、男性曲のキーを下げると曲の雰囲気が変わってしまい、盛り上がりに欠けてしまうケースがあります。

 

無理して原曲キーで歌う以外の対策としては1オクターブ下で歌う方法もあります。

こちらは曲の雰囲気は壊れませんが、迫力が無くなるというデメリットが。

女性曲のキー下げは正義です

これしかありません。

もちろん雰囲気は変わりますが、問題は一切ありません。

 

理由は下記の通り。

  1. そもそも女性曲を男性が歌う時点で雰囲気が変わるから
  2. それゆえに下げ方が自由なの自分のキーで歌えるから
  3. 雰囲気が変わるのがプラスに働くから

順番にみていきましょう。

 

1.そもそも女性曲を男性が歌う時点で雰囲気が変わるから

想像がつきますよね。

これは解説不要だと思います。

 

2.下げ方が自由なの自分のキーで歌えるから

どれだけキー設定を変更しようと雰囲気は変わります。

なので自由にキーをいじって自分に合った高さで歌えばOK。

流行の男性曲を無理して歌うより100倍楽ですし、気持ちいいこと間違いなし。

 

3.雰囲気が変わるのがプラスに働くから

ご自身の歌声や伴奏の空気感が原曲とかけ離れてしまうのをポジティブに捉えましょう。

要はオシャレな男性アーティストのように歌えばいいだけ。

 

最近では昔の女性歌手の名曲を男性歌手がカバーしてアルバムを出すケースが少なくありませんよね。

例えば徳永英明さんや河村隆一さん、Acid black Cherryのyasuさんらが小林明子さんの『恋におちて』をカバーしています。

皆さん原曲と雰囲気が違うかつ、一人一人個性的で素敵ですよね。

これを目指すだけです。歌は十人十色です。堂々と楽しんでいきましょう!

 

声が低い人用まとめ

低音のぼくたちがやることは女性曲を自分のキーで楽しく歌うこと。

雰囲気は自分で作っていきましょう!

高い声が出ないので、無理して男性アーティストのアルバムを聴いて覚える必要はありません。

紹介しといてアレですが、ぼくも男性曲は放置で、覚えたのはあいみょんだけですw

さいごに

「普通にみんな好きな曲歌ったらよくね?」 これがぼくの結論なんですが、今回の記事が水の泡になるので取り消します。

いろんなジャンルの曲を聴くのはもちろんいいことだけど、無理して関心のない歌を聴くのは精神的によろしくないので、手をつけてみて気になった人のアルバムを深掘りすると音楽ライフが充実しそう。

気に入ったら歌詞やメロディーなんて勝手に覚えちゃうので、そのまま楽しくカラオケに持ち込みましょう。

結果として流行の曲を覚えれたら、同年代とのコミュニケーションが円滑になるので一石二鳥ですね。

いずれにせよ皆さま、よきミュージックライフを。

 

 

 

 

あらびあ拝