あらびあのあらさがしブログ

コスパよく、ラクに生きるための記録

【備忘録】2019年も結局、勝てませんでした

ご無沙汰しまくってます、あらびあです。

 

晦日なので今年1年を振り返りたいと思います。

 

昨年末もこのような記事を書いており、当時は「1年後は働きながらキラキラした人生を送っているだろう」と、この上ない希望的観測でキーボードを叩いていました。

 

いやお前、今年も負けたから。

 

1月のおもいで

東京に一人旅で行きましたね。

両国はいいところだった。

結局、靖国明治神宮メインのお散歩旅になってしまうんだよな。

一緒に遊んでくれたフォロワーの皆さん、ありがとうございました。

ツイッターには秀才と美男美女が本当に多い。

でと頭はちゃんとおかしい。

 

あと元旦から、このブログに独自ドメインをぶち込んだり、クラウドソーシングを始めてみたりした。

下旬にアドセンスにも合格した。

2月のおもいで

ランサーズで仕事を取ることができた。

単価の高い案件なので完全に調子に乗ってしまう。

本当はバレンタインデーにイキリたかった。

3月のおもいで

このときから残業が増える。

お金いらんからはよ帰らしてくれ。

 

ランサーズでアドセンス審査代行を受注する。

5日で納品。

「おれ天才じゃね?」と思うが、現実はFラン卒ブラック企業勤務の彼女なし。

あゝ無情。

4月のおもいで

ランサーズで認定ランサーになる。

一応トップランククラウドワーカーらしいが特に仕事増えず。

自惚れた結果、仕事が減る。

残業は、さらに増える。

5月のおもいで

気づけば年をひとつ取っている。

「なんかせなあかん」という使命感が芽生え、ノリで名古屋に。

もちろん一人旅。友達つくれ。

中村公園がよかった。

なんだかんだ時間がなくて行けずに思ったところもあり。

栄を歩いていたときは、中高生の時に熱狂していたSKE48松井珠理奈ちゃんと遭遇しねえかなぁ、なんて期待を抱いていた。美しい童貞マインド。

こちらも会ってくれたフォロワーさんありがとう。

6月のおもいで

伊勢に参る。

恥ずかしい話だが、アタクシは半年に一度は伊勢神宮に参拝しないと死んでしまうという持病をかかえている。

ちなみにあれ以来、伊勢には行ってない。

あれ?もう...死んでる...?

京都に帰ってきた後に結構長い記事を書いた気がする。

7月のおもいで

会社と退職の件で話したり、新居の内覧などでクタクタだった。

ルームシェア可能な物件はまだまだ少ないのもあり、なかなか次のお家は決まらなかった。

8月のおもいで

退職の話は続きつつ、新居の契約うんぬんでぐったり。

働いて、昼休みに不動産屋さんのにいちゃんと電話して...

こちらは女の子と電話がしたい。

9月のおもいで

月末に引っ越して、退職した。

前の家を出る手続きとか色々しんどかったけど、退職のルームシェアも思い切ってよかったと思えた。

10月のおもいで

下旬、新居に3人が揃った。

住む前と住む後は関係性が変わると思っていた。

共同生活すると互いの嫌なところが見えるし、ダレるので。

でも今のところ毎日が男子校の修学旅行みたいな感じ。

あといつも部屋汚くてごめん。

11月のおもいで

直近すぎて忘れた。

クラウドソーシングで仕事が取れなくなり生活費がピンチになる。

しかし男3人で暮らしているので無駄に行動はアクティブになる。

スイッチバーに行ったり、ストリップを見たりした。

(おれは)出会いはなかった。

12月のおもいで

寒い。

少しだけ動画編集に手を出してみた。

いろいろ考えて、転職活動を始めることにした。

来年すべきこと

✅転職

年収を下げてでも意味のあるスキルが身につくような仕事をする。

転職は目的でないことを理解する。

 

✅本業に尽力

転職ができたなら、会社での仕事に尽くす。ネット上でそれをアウトプットして理解を深める。結果として、副業のポートフォリオになる可能性アリ。

 

✅ライティング収入アップ

本業にコミットするとはいえ、クラウドソーシングで今、いただいてる仕事に絞り、きっちり納品する。

時事問題や政治経済などの情報を集め、自分の思考を抽出しつつ、月5万をキープしたい。

 

✅営業をしてみる

今いただいてる仕事と、未来の本業。

これらに力を入れるのは当たり前だけど、クラウドソーシングの手数料についても考えるべきだと思う。

自分で営業をかけた方が消耗するかもしれないが、やってみないと分からないので、一度試してみるのもよさそう、というお話。

 

✅彼女ほちい

年も年なのでそろそろ...

このままだと一生独り身な気がして仕方ない。

 

さいごに

今年も大変お世話になりました。

ネットは心の支えです。

いつもありがとうございます。